メルマガ登録

暮らしづくりビレッジ スペースオーナー利用規約(汎用版)

暮らしづくりビレッジは、一般社団法人Stand for mothers(以下「当法人」といいます)が運営する複合型施設です。 当法人は暮らしづくりビレッジの営業時間のうち、スペースに空きがある場合に、会議や、地域コミュニティの方の会合などに供することを目的としてスペースを貸し出しします。また、当法人がスペースを貸し出す方のことを「スペースオーナー」様と定義します。(以下、「スペースオーナー」といいます)以下の各項目は空きスペースの貸し出しに関するレンタルスペースの利用規約およびスペースオーナーの規約以下「本規約」といいます) となります。

1.利用時間
利用時間には準備や後片付けを含めた入室時間から退出時間までのすべての時間を含みます。また、利用時間は最低3時間とします。

2.利用に関する事前了承事項
本規約における利用とは、対象となる空きスペースの当法人の貸し出しによる利用を許可することであって、当該空きスペースの排他的な占有権をスペースオーナーに認めるものではありません。以上より、スペースオーナーは、空きスペースの定期的な利用が長期に渡る場合であっても借地借家法の適用は受けず賃借権は発生しないことを予め了承するものとします。なお、長期(2ヶ月以上)の定期的なご利用に関しては、別途予めご相談ください。

3.貸し出しにあたっての制限
次の各号にあたる内容でのスペースの貸し出しはいたしかねます。
(1)公序良俗に反し風紀上の問題が発生する虞がある、あるいはその確認が困難と当法人がみとめた場合
(2)他のスペースオーナーや近隣に迷惑や危険が及ぶ虞があると当法人がみとめた場合
(4)営業目的の講習など、当法人と類似するスクール様態の利用と想定される場合
(5)その他問題のある行為や使用があると当法人が判断した場合や布教活動等など、内容が当法人の方針に添わない場合
なお一度、当法人が空きスペースのご利用を承認した場合でも、業務遂行上やむを得ない事情が生じた場合はご利用の直前であっても当法人の判断によりご利用を取り消す場合があることをスペースオーナーは予め了承するものとします。その際、受領済のスペース利用料は全額お返しいたしますが、その他のスペースオーナーに生じた損害等について当法人は責を負いません。

4.仮予約
ご利用を検討される場合、事前にお電話などでご利用日・ご利用時間の空き状況をご確認ください。ご利用日・ご利用時間に空きがあるようでしたら電話による仮予約(受付での直接の予約はお受けしません)をお願いいたします。仮予約はご利用日の2ヶ月前の同日 から受付けます(例えば4月10日利用希望の場合は2月10日から仮予約受付開始となります)。暦の関係で同日がない場合は、翌月1日から、また同日が暮らしづくりビレッジの営業日でない場合は、その翌営業日から受け付けます。また、同日が祝日になっており、 暮らしづくりビレッジが営業していない場合には、その次の営業日からの受付とさせていただきます。仮予約はお申込みをうけた次の同曜日17時まで有効です。仮予約有効期間内に利用申込をお願いします。仮予約中のキャンセル料はかかりません。

5.利用申込方法
利用予約が確定しましたら、当法人指定の利用申込書(別紙)に必要事項をご記入し、FAXまたはメールにて暮らしづくりビレッジまでお送りください。ご記入いただいた空きスペースのご利用に関する内容が当法人の運営上問題があると当法人が判断した場合において、レンタルのご利用をお断りすることがございます。利用申込書に必要事項を記載した上でメールにて返信いたします。メールでの返信が完了した時点で、申込みの確定となります。

6.打ち合わせ
申込みが確定いたしましたら、ご入金前に打ち合わせをいたします。ご利用内容の分かる企画書などをご持参の上、ご利用を予定している暮らしづくりビレッジの窓口にお越しください。打ち合わせ後、空きスペースのご利用が確定しましたら、スペース利用料を事前にお支払いいただきます。

7.支払方法
スペース利用料はレンタルスペース料金表をご覧ください。お支払いは事前に当法人の指定する銀行振込か、暮らしづくりビレッジ窓口での 現金支払いのみとなります。申込確定後、1週間以内にスペース利用料をお支払いください。銀行振込の場合、恐れ入りますが振込手数料についてはスペースオーナーでご負担をお願いいたします。当法人にてご入金が確認できましたらスペースご利用許可証を発行いたします。ご利用許可証の準備が整い次第、メールまたは電話にて連絡いたしますので、直接取りに来ていただくか、FAXにてお受け取りいただくか、ご選択ください。1週間以内にお支払いがない場合はキャンセルとさせていただく場合があります。

8.領収書
銀行からのお受け取りの【お振込控え】または、インターネットバンキングの場合はお振込明細の印刷書類が領収書の代わりとなります。当法人発行の領収書が必要な場合は、その旨事前にご連絡下さい。

9.利用申込キャンセル
利用申込のキャンセル及び利用日の変更は、書面による通知(以下「キャンセル申請」といいます)に加え、必ず電話での連絡を併せてお願いいたします。キャンセル料金は、当法人がキャンセル申請を受理した日から起算し、当該使用料金に対して次の各号の割合で発生します。(2日以上続けてご利用の際は、ご利用初日から起算いたします。)ただし、利用日の変更については変更可能な場合1回 に限り無料で承ります。
(1)利用日の31日前までのキャンセル---50%
(2)利用日の15日前までのキャンセル---70%
(3)利用日の14日前までのキャンセル---100%
10.その他注意事項 空きスペースの利用に関してスペースオーナーは、暮らしづくりビレッジメンバー規約における「ご注意」の記載事項を予めご認識されるほか、次の各号もご注意ください。
(1)当法人では電話対応は承れませんので、当日利用する他のスペースオーナーに告知する場合、暮らしづくりビレッジの連絡先は告知しないで下さい。必ずスペースオーナー側で空きスペースへの誘導や参加者の出欠の確認などをお願いいたします。
(2)スペース使用時は、室内用シューズに限らせていただきます(裸足、靴下は可)。ヒールのついた靴、タップ・フラメンコ シューズ、釘のついた靴など床を傷めるものは禁止します。
(3)安全確保のためスペースのカギはお貸し出ししておりません。
(4)当法人が発行したレンタルスペース利用許可証を当日忘れずお持ちいただくようご留意ください。
(5)安全確保のため、暮らしづくりビレッジスタッフが利用時間中でもスペースに入ることがあります。

11.損害賠償
スペースオーナー(当日利用する参加者も含みます)が建造物、設備、什器、備品等を毀損・汚損或いは紛失された場合、または、スペースオーナーが本規約の記載事項に反したことにより当法人が損害を被った場合、スペースオーナーはその損害を賠償するものとします。また、天災や事故及び空きスペース利用に伴う人身事故、並びに紛失、盗難等のあらゆる事件・事故等の当法人の責に帰さない事由により、やむを得ずスペースの利用が停止もしくは遅延となった場合でも、当法人はスペースオーナーに生じた損害を賠償する責は負いません。ただし、ご利用スペース内の機材故障等などの場合でも当該利用料金の範囲内での保証となります。

12.反社会的勢力の排除
スペースオーナーは、自己(当日利用する参加者も含みます)が暴力団、暴力団員、暴力団関係企業、暴力団関係者、その他の反社会的勢力に該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約するものとします。なお、スペースオーナーが当該確約に違反した場合 当法人は、事前に通知せずに、当該スペースオーナーによる空きスペースのご利用の停止を行うことができるものとします。この場合、当該スペースオーナー(当日利用する参加者も含みます)に損害が生じた場合でも、当法人は一切責任を負わないものとします。

13.管轄裁判所
本規約に関する一切の訴訟は、訴額に応じて、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

14.規約の変更
当法人は、本規約を予告なく任意に変更することができます。

以上