メルマガ登録

Report

第2回協奏の場レポート

2016.05.26

毎月開催される「協奏の場」 第2回も5月に開催しました。

今回のテーマは、「自助・共助」を考えてみよう!」

20名ほどのファミリーを応援する企業のメンバーが集合しました。

昨年度まで日本財団さんが主催で実施してきた「みんなニコニコミーティング」の延長と位置づけ、企業・団体間の出会いと連携を促し「アクション」を生み出すことを目的としています。

今回は、ゲストスピーカーに Creative Living LAB. / ママのはたらくインフォメーションの阿部麗香さんをお迎えしてお話いただきました。

阿部さん、ありがとうございました。

◆写真

第2回_集合写真1.jpg

第2回_1.jpg

第2回_2.jpg
第2回_3.jpg
第2回_4.jpg
=====================
協奏の場が始まる!
「JAPAN FAMILY PROJECT with ママプロ」
525日(水)18:00-20:00@日本財団 8階
【概要】
-日本の家族を豊かにする為に「できること」はなんだろう?-
日本のママを中心とした家族の豊かな暮らし(=多様性)を実現するためには
それぞれが実際に「アクション」をとっていく必要があります。
そこで、今年度は活動者たちのリソースを繋ぎ、ノウハウやスキルを共有し集合知を高めるため、
「JAPAN FAMILY PROJECT with ママプロ」を開催します!
昨年まで日本財団が主催で実施してきた「みんなニコニコミーティング」の延長と位置づけ、
企業・団体間の出会いと連携を促し「アクション」を生み出すことを目的としています。
5/25のテーマは「自助・共助」を考えてみよう!★
・自分たちに「できること」とは?
・その人の「できること」のバックボーンを知ろう!
ぜひ、みなさん、"一緒に"できることを考えましょう!
今回は熊本地震から1カ経ったことをうけ、東日本大震災の際に、
福島県で震災を経験、その後、ご自身の「できること」に向き合い、
新たなステップに踏み出された、Creative Living LAB.の阿部麗香さんに
ご自身の経験と、そこから考えられた「暮らす」「つながる」「はたらく」の
関係性について、お話しいただく予定です。
※震災関連のお話だけではなく、「自助・共助」のキーワードでお話しいただきます。
集まった皆さん同士でも各自の「できること」をお互いに
話し合い、知り合ってもらう時間をつくることからはじめます!
ぜひ、みなさん、ご参加ください!
■日時:2016年525日(水)18時~20時
■場所:日本財団 8階
■主催:一般社団法人Stand for mothers / 一般社団法人JAPAN FAMILY PROJECT
■特別協力:日本財団 ママの笑顔を増やすプロジェクト
================-
PREV
NEXT