おしごと百貨店とは

PICK UP

"女性のはたらく"を応援する経営者インタビュー#01 コンセプト・ヴィレッジ・代表取締役社長 馬場大治さん 編

2020.12.24

P1250724.JPG

おしごと百貨店が女性のための就労支援・職業紹介センターとしての活動の一環として、"女性のはたらく"を応援してくださっている経営者の方にインタビュー!
経営者の思いをお話しいただくことで、より会社のことを知っていただき、あなたに、そしてその会社にぴったりのマッチングをサポートできればと考えています。



cv_logo.png



第一回目のインタビューは、コンセプト・ヴィレッジの馬場大治さん。それではインタビュースタート!馬場さん、今日はよろしくお願いします!

馬場さん(以下、青字)
コンセプト・ヴィレッジの馬場大治(ばばだいち)と言います。今日は宜しくお願い致します! コンセプト・ヴィレッジは、未来の青写真を描く会社、としてクライアント様の未来を一緒に考え、形にする会社です。具体的には、クライアント様の目指すビジョンとコンセプトを言語化し、企画からデザイン、ディレクション、コーディネート、事務局業務まで幅広くこし、解決をする会社を経営しています。

P1249885.JPG

cube.jpg[ロゴデザイン]あきんどクリエイション.jpg

コンセプト・ヴィレッジさんでデザインをされた商品やロゴデザイン。

Q.今回、事務のスタッフさんを募集されるということですが、具体的にはどんな業務内容ですか?
(クリエイティブなお仕事の現場ってハードそうなイメージ・・・)

具体的には【現場の僕たちを力強く支えてくれるバックオフィス業務】です。
簡単な資料作成から始まり、見積作成のための情報収集、サンプル資材の問い合わせ、印刷会社様とのやり取りサポート、郵送対応など、
そこまでハードルは高くなく、慣れてくるとスムーズに出来るものばかりです。もちろん慣れるまで、そして慣れた後でもしっかりサポートをさせて頂きます。
業務の一つ一つが、顔の見えるクライアントを笑顔にするものばかりで、やりがいを持って取り組んで頂けると思います。

Q.どんな方と一緒に働きたいと考えていらっしゃいますか?

一番は、ポジティブな方ですね。何事もポジティブに捉えられる方であればそれ以上望みません。笑
敢えてお伝えしますと、コミュニケーションが円滑に取れる方だったり、細かすぎずとも正確にこなそうと努力をしてくれる方ですと尚ありがたいですが、
ポジティブであることが一番大切と考えております。

Q.よく求職者の方からの声であるのが、「子どもの急病などの時に休めるのか?」という不安です。
 そういうお子さんがいらっしゃる方ならではの対応などはどうされていますか?

実際に小さな子どもがいる服部にも話していることなのですが、急な発熱や、体調不良などはあるものなので、その際は、お子さん最優先といつも話しています。
休みについては、もちろん前もって分かると良いのですが、そういうわけにはいかないですから、当日の朝の連絡でも柔軟に対応をしています。1日お休みになってしまった場合は、別な日で稼働の調整も行っています。

P1250658.JPG

スタッフの服部さん。3歳のお子さんのママであり、コンセプト・ヴィレッジではデザイナーとして勤務されています。服部さんは「社内はもちろん、打ち合わせに赤ちゃんを連れていってもOK、ウェルカムなクライアントさんが多かったところも働きやすくありがたかった」と話されていました。

Q.もうすでにお子様の急病の際に対応できる体制が整っているということですね!ちなみに、子どもの運動会などの行事の際もお休みいただけたりするのでしょうか...?

コンセプト・ヴィレッジは、土日祝日、年末年始が休みですが、学校の行事や授業参観など、
前もって共有を頂ければとお休みでの対応をさせて頂いておりますのでご安心頂いて大丈夫かと思います。

Q.すごいですね!馬場さんは、なぜそうしてスタッフの勤務時間の調整等を柔軟にされようと思っていらっしゃるのでしょうか?

そうですね、自分が逆の立場だったら自分自身があまり時間に縛られたくはない。
仕事は人生の中で大きな時間を占めることなので、せっかくコンセプト・ヴィレッジで働いて頂けるのであれば、やりがいを持って取り組んで頂きたいですよね。

労働時間という指標も大切かもしれませんが、最終的には形になればそのプロセスについてはあまり気にしないと考えていることが大きいでしょうか。
そのため、その日1日休みになったとしまっても、別な日でうまく調整をして、最終的に一緒に協力をしながら仕上げられれば問題ないと考えています。

P1249614.JPG


Q.私たちがいろんな企業の方とお話ししていて、「まだまだ自社としては女性の活躍促進に取り組めていない」という方もいらっしゃいます。
 馬場さんの場合、女性の採用を検討した際にハードルになるかなと懸念されたこと、または不安だったことなどはありますか?

正直考えたこともありませんでした。笑
こちらは女性に限らず、ご結婚をされ、それぞれのライフステージの変化があって、そこに会社が対応できるようにする。その仕組みを創ることが僕の役割と考えています。

馬場さん、ありがとうございました!とっても素敵な会社、そして社長さんですね!

【編集後記】
「自分が逆の立場だったら」という視点を持つことは、実は結構難しかったりしますよね。仕事だけでなく、いろいろな場面で必要な「相手のことを思いやったり、相手目線で考える」という事を、
ナチュラルに、フラットに、かつシンプルなことばでお話しいただいた馬場さんの会社は、きっと温かさに溢れる職場なんだろうなと思いました。(実際もとってもステキな空気感の職場でした!)


コンセプト・ヴィレッジさんの求人はこちら

コンセプト・ヴィレッジ 公式サイト

PREV
NEXT